燻製漫画の「いぶり暮らし」が面白い

[スポンサーリンク]

こんばんは。

今日は私が燻製に今日をもつキッカケとなった漫画の紹介です。

それはこちらの、

「いぶり暮らし」(著者:大島千春、出版:ノース・スターズ・ピクチャーズ)

という漫画です。

2016081503

結婚してから無駄に場所をとる漫画は少し控えてたのですが、AmazonのKindleができてからというものPCで漫画を読むようになりました。

色んなジャンルの漫画を読んでいますが、30歳になったくらいから日常のほのぼのした話が好きになり、またグルメ系の漫画が面白くなってきました。

そんな中、同僚から燻製の漫画があるということで、Amazonで探してみたらこの「いぶり暮らし」という漫画があることに気づいて、そのままポチっと購入(いやー、時間にかかわらず田舎でマイナーな漫画がすぐに買えるというのは恐ろしいことですね・・リアルの漫画はだいぶ減らしましたけど、、デジタル世界の漫画が恐ろしく増えてきている・・)

さて、ポチっとなとしたところで現在4巻まで出ているので一気読みです。

この漫画、燻製を趣味にしている結婚前の20代カップルの等身大のストーリーなのですが、各話に出てくる燻製がどれもこれもめっちゃ美味しそうに見えます。

燻製自体は元々興味があったのですが、正直大掛かりな器具がいるんじゃないか。難しいのではないか。って印象があったのでなかなかとっつきにくかったのですが、劇中で出てくる燻製方法は非常に簡単なものでした。

自宅のキッチンのコンロで燻製用の鍋を使って手軽に熱燻ができるということを知り、そのままAmazonで燻製用鍋を購入(先日紹介した鍋です)。

そのまま週末にはちょっとした燻製を作ってビールのつまみにしています。

漫画のようには簡単ではなく、ちょっと失敗もしたりはしますが燻製面白いです。
料理レシピとしていずれ紹介していきますので、その時は是非チャレンジしてみてください。

それでは、きょうはこの辺で。

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です