暑い日にオススメ。サーモンと鯛の簡単海鮮丼を作ってみた

サーモンと鯛の海鮮丼

[スポンサーリンク]

こんばんは。

今日も相変わらず西日本は酷暑です。台風10号の影響か湿気も多く暑さも倍増!

こんな日はさっぱりとした手軽な晩飯が食べたくなりますね。

ってことで、閉店間際のスーパーで2割引きのサーモンと鯛のブロックを買ってきてちょちょいっと海鮮丼を作ってみました。

材料

サーモンブロック(食べたいだけ)
鯛ブロック(食べたいだけ)
大葉(2枚)
卵(1個)
キザミのり
さしみ醤油、わさび

作り方

1.最初に半熟卵を作ります。

海鮮丼に半熟卵を入れるだけで美味しさ倍増なので、ご飯を炊いている合間に作ります。

お鍋で卵全体が浸かるくらいの水を入れ沸騰させます。沸騰したら火を止めて卵を投入し12分待ちます。この時、鍋に蓋をするとお湯の温度が下がらず卵に火が通りすぎていまします。また鍋をかきまぜても温度が下がってしまい固まらなくなることもありますので、卵を入れたら蓋はせず、完全放置してください。

12分たったら、鍋のお湯をすてて流水で卵を冷やして熱が入り過ぎるのを防ぎます。

2.サーモンと鯛のブロックを切り分けます。

ご飯が炊ける5分くらい前にサーモンと鯛のブロックを切り分けて刺し身にしましょう。

あとは、ご飯が炊けるのを待つだけ。

3.盛り付けます。

ご飯が炊けたら丼にご飯をよそって、キザミのりをふりかけ大葉を2枚敷いておきます。

そこへ、先ほど切り分けたサーモンと鯛の刺し身をいい感じに乗せてください。

中央に半熟卵を落として、わさび醤油をお好みでかけて完成です。

まとめ

サーモンと鯛の海鮮丼

半熟卵にちょっと時間かかりますが基本待ちだけでできる簡単海鮮丼です。

暑さでバテていてもスルっと食べれてしまいます。

半熟卵とサーモンの脂がマッチしてうまいんですよ。ブロックを切り分けるのが面倒ならば市販の刺し身を適当に盛り付けてもOK。最後は茶漬けにしてさらさらっとたべてもOK。

お手軽簡単に贅沢丼が作れますので、是非お試しあれ!

 

 

 

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です